平和と公正の選択を求めるネットワーク(「へいこうせん」)

 改憲と増税No!の世論をつくり、「選挙に行こう」と呼びかけるための情報発信をします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングにご協力ください!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 FC2ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

へいこうせんメルマガ第6号 

転送歓迎/定期購読募集中!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□ 「ほっとけない!改憲と庶民増税、投票に行こう!」           
■   へいこうせんメールマガジン
□ ___________________________________
■ 第6号 2007年2月1日                         
□ 発行:平和と公正の選択を求めるネットワーク(略称:へいこうせん)   
■ heikosen07@yahoo.co.jp                        
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
▽定期購読のお申込みはこちらから
http://www.mag2.com/m/0000220835.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2007/2/1 第6号                     (転送紹介歓迎)
[へいこうせんメールマガジン]

 「ほっとけない!改憲と庶民増税」
 「 平和憲法を活かし、格差社会を公正な社会に変えるために、選挙に行こう」
と訴えます。

◇バックナンバー◇ 
http://blog.mag2.com/m/log/0000220835/
◇購読申込み◇ http://www.mag2.com/m/0000220835.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆今号のコンテンツ☆☆
◆柳沢厚労大臣を辞任させよう! 二つのネット署名
◆へいこうせん協力企画 「君が代 不起立」上映会
◆ほっとけない!政治ニュース
 ■豪州紙「日本の安倍首相は“ 女は生殖機械だ”大臣を擁護」
■自民、「共謀罪」で月内メドに修正案(日本経済新聞)
 ■事務所費問題で首相官邸が閣僚たちに「口止め」をしていた
◆へいこうせんアピール賛同・協力のお願い


ランキングにご協力ください!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 FC2ブログランキング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆柳沢厚労大臣を辞任させよう!
 非戦さんからの署名案内2つです。

柳沢大臣の「辞任要求の賛同者」を集めているAMLの投稿者の記事を転載します。
(すでにご存知の方は、すみません)
*****************************
みなさま                岐阜・寺町知正
 1月27日の柳澤厚生労働大臣の「産む機械、装置」発言に対し、
「厚生労働大臣の辞任を求める申し入れ書」の賛同者を募って、
明日2日(金)に送付することで、賛同団体・賛同者の募集の呼びかけが始まりました。
同時に、安倍晋三総理大臣に「柳澤厚生労働大臣に対する罷免要求書」も提出します。
趣旨に賛同いただける方は、ぜひお願いします。昨日から進んだ話ですが、締め切りは2日昼です。
お知り合いにも、転送していただけるとうれしいです。
◎ 内容と申し込み先は以下からどうぞ。 
緊急!柳澤厚労大臣「女は産む機械」発言に対する辞任要求の呼びかけ
http://blog.goo.ne.jp/teramachi-t/e/1c99bd5e0a5acc9f84fd3e6f784bf20c
寺町知正
http://blog.goo.ne.jp/teramachi-t/ tera-t@ktroad.ne.jp


もうひとつネット署名の案内がきました。
これも、重複された方、ごめんなさい。
******************************
 もとやま@アジア女性資料センター事務局です。
 柳沢大臣の辞任要求署名の締め切り延長を昨日朝お知らせしたところ、
すでに60名を超える方から賛同のお返事をいただいています。
どうもありがとうございます。
しかし、安倍首相は陳謝はしたものの、柳沢大臣を留任させ、
野党の審議拒否には強行で応える姿勢をみせています。
2001年の石原慎太郎「ババア」発言、
2002年の森喜朗「子どもを産まない女に年金はいらない」発言、
そして今回と、女性を生殖の道具とみなす政治家が地位にとどまり続けることを、
これ以上許してはいけません。
女性に子育ての責任を押し付け、
不安定雇用に押しやった政策の責任を最後まで追及するために、
さらに多くの「柳沢は責任をとれ」の声を政府に届けたいと思います。
山本和美さんのご協力で、ネット上から署名のできるページを設置しました。
http://www.againstgfb.com/yanagisawa.htm
すでに賛同メールを送られた方は、ふたたびしていただく必要はありません。
そのかわり、周囲のお友達やご家族に、ぜひこの署名運動のことをお知らせしてください。
メールによる賛同も受け付けています。
ajwrc@ajwrc.org
どうぞよろしくお願いします!
**************************************
アジア女性資料センター
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14-10-211
TEL:03-3780-5245 FAX:03-3463-9752
E-mail:ajwrc@ajwrc.orghttp://www.ajwrc.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆へいこうせん協力企画 「君が代 不起立」上映会

以下転送転載大歓迎
-------------------------------------------------------------------------
「私は座った! 脚が震えた」

♪♪♪今話題のドキュメンタリー「君が代 不起立」の上映会を堺でやります♪♪♪
(ビデオプレスの公式サイトにも紹介されています)
http://vpress.la.coocan.jp/sakai.html

■長篇ドキュメンタリー「君が代 不起立」
上映時間1時間27分
監督 松原明、佐々木有美 
製作 ビデオプレス
http://vpress.la.coocan.jp/kimi.html
 (引用開始)
「日の丸・君が代」強制問題をテーマにしたビデオプレスの新作ドキュメンタリー
『君が代 不起立』(87分)が完成した。
作品は、2003年10月の「日の丸・君が代」を強制する都教育委員会通達から、
予防訴訟判決の2006年秋までを記録している。
石原都知事下の東京では、「君が代」斉唱時に不起立しただけで、重い処分が課せられる。
私たちは、停職処分とたたかう根津公子さん・河原井純子さん、
刑事告訴された藤田勝久さんなどを中心に「教員たちのレジスタンス」を追った。
(引用ここまで)

★長篇ドキュメンタリー「君が代 不起立」堺上映会
☆日時 2007年2月10日(土)
☆会場 創造空間BOX1-6
 (大阪府堺市堺区市之町東6丁1-24
・南海高野線堺東駅下車西へ徒歩7分または南海本線堺駅下車東へ徒歩15分)
TEL&FAX 072-227-6123(創造空間BOX1-6・かみや)
地図URL
http://homepage3.nifty.com/videopress/sakaitizu.html

☆2回上映します!(各回とも定員は25名ですので、なるべく事前にお申し込みく
ださい)
■(1回目)午後2時開場
午後2時30分上映開始
午後4時終了
■(2回目)午後6時開場
午後6時30分上映開始
午後8時終了

☆参加協力費
おひとり 500円
(事前申し込みの方は300円・当日お支払いください)
☆事前申し込み先(下記のいずれかにご連絡願います)
メール(遊牧民)
dubhw208@sakai.zaq.ne.jp

TEL(なかにし)
090-8192-3790
TEL&FAX(創造空間BOX1-6・かみや)
072-227-6123

☆主催
創造空間BOX1-6
http://vpress.la.coocan.jp/sakai.html
☆協力
平和の井戸端会議
http://blogs.yahoo.co.jp/yuubokuminn2003
平和と公正の選択を求めるネットワーク(略称:へいこうせん)
http://heikosen.blog86.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ほっとけない!政治ニュース
 編集部で拾い読みしたニュースを紹介します。
 読者からのニュース提供も歓迎いたします。

 以下、はなゆーさんからの情報提供です。

■豪州紙「日本の安倍首相は“ 女は生殖機械だ”大臣を擁護」
オーストラリアの有力紙「The Australian」の記事。

☆Japan PM backs 'birth-machine' minister
http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,20867,21148745-1702,00.html
http://tinyurl.com/2gnpnn

JAPANESE Prime Minister Shinzo Abe's health minister is under pressure
to quit for calling women "birth-giving machines", with opposition
parties boycotting debate on the budget on demands he step down.
(以下省略)

■自民、「共謀罪」で月内メドに修正案(日本経済新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070201AT3S3101P31012007.html
http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/447.html
(以下引用)
 自民党法務部会の条約刑法検討に関する小委員会は31日、
継続審議となっている「共謀罪」創設を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案に関して
2月中をメドに修正案を作成する方針を決めた。
政府案を修正するか新たに議員立法を出し直すかを検討し、
共謀罪の対象となる犯罪や団体を現行案よりも絞り込む。

■事務所費問題で首相官邸が閣僚たちに「口止め」をしていた
 事務所費問題。首相官邸が、閣僚らに詳しい内容を明かさないよう指示していた。

☆事務所費問題 首相官邸が想定問答集(日本テレビ動画ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20070131/20070131-00000003-nnn-pol.html
http://www.news24.jp/76421.html
http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/413.html

 30日朝の閣議で配られた想定問答集では、
国会などで事務所費の内訳などを聞かれた場合、
「個々の支出を積み上げて報告書を作成しており、
適切に報告している」などと答えるよう記している。

★これは法的には問題ないにしても、政治倫理的には問題がある行為。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆へいこうせんアピールをぜひ広めてください

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
平和と公正の選択を求めるネットワーク(略称:へいこうせん)」のアピール
「ほっとけない!改憲と庶民増税」                      
 
 平和憲法を活かし、格差社会を公正な社会に変えるために、選挙に行こう!   
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 安倍自公政権は、先の国会で愛国心を強要するために教育基本法を改定し、
防衛庁を防衛省に格上げし海外派兵を自衛隊主任務にするなど、
平和憲法の理念を形骸化させかねない暴挙を行いました。
 さらに07年の通常国会では、
共謀罪新設と改憲手続き法(国民投票法)制定がねらわれています。
 平和を守り福祉と生活を豊かにすることこそ、政治の本来の役割であるべきです。
 ところが、安倍政権には格差社会を是正する方策は何らなく、
逆に消費税増税などの庶民増税と大企業減税、
ホワイトカラー・エクゼンプション(残業代ゼロ制度)などをもくろむなど、
庶民のくらしをますます苦しめようとしています。
 日本国憲法は、「戦争はしない」「軍隊は持たない」と世界に誓い(第9条)、
市民が多様に幸福を追求する権利を保障し(第13条)、
「健康で文化的な最低限の生活」の保障を国の責務とする(第25条)
という理念をうたっています。
 07年の参院選挙では、この憲法の理念を壊すのか、
理念を実現しようとするかが大事な争点になります。
 平和憲法を活かし格差社会を公正な社会に変えていくために、
多くの有権者が投票に行けば、自公与党の悪政をストップさせられます。
 4月の統一地方選挙とともに7月の参院選挙で、安倍政権を倒すため、
憲法を活かすための投票を多くの人々に呼びかけようではありませんか。

     「平和と公正の選択を求めるネットワーク(略称:へいこうせん)」有志


◆◇へいこうせん」賛同・協力のお願い◆◇

 「平和と公正の選択を求めるネットワーク(略称:へいこうせん)」は、
アピール賛同者からなる緩やかなネットワークです。
 平和憲法を壊す候補者を落選させ、守り活かす候補者へ投票を呼びかけますが、
特定の政党・候補者の応援をするのではなく、
平和憲法と格差社会を争点にした世論喚起を目的にしていますので、
特定政党・候補の支持・不支持にかかわりなく、
アピールの趣旨に賛同いただくことができます。
 「平和」と「公正」をめぐっては、諸々の重大争点がありますが、
わかりやすくかつ幅広い一致点をとれる争点として、
改憲と庶民増税(とくに消費税増税)に焦点を絞ります。
 もちろん、一致点を前提にしつつ、
雇用・社会保障・環境・人権などの論点についても発信や交流も行います。
 会費・会則はなしで、できるかたちでのご協力をしていただくだけで結構です。
 賛同者を公表することもいたしません。
たとえば口コミでもネットでも、
改憲と増税などの問題を語って「選挙に行こう」と呼びかけるだけでもいいですし、
お住まいの選挙区で候補者アンケートをして、
その内容を地元有権者に伝えることなども考えられます。
 運動の期間は当面、07年の参議院選挙までとし、
地方選挙でのアクションも行っていきます。
 事務局活動としては、ブログやホームページ、
メルマガを設立して争点解説や各党の政策比較、
アンケート報告などの情報発信・行動提起を行う予定です。
 賛同いただいた方は、ぜひメールマガジンにご登録ください。
http://www.mag2.com/m/0000220835.html
 ご賛同・お問い合わせは、下記メールアドレスまでお願いいたします。
heikosen07@yahoo.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

================================
平和と公正の選択を求めるネットワーク(へいこうせん)
 
メールマガジン 
http://www.mag2.com/m/0000220835.html
ホームページ http://heikosenweb.oboroduki.com/
ブログ http://heikosen.blog86.fc2.com/
mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=1690424
================================
スポンサーサイト
[ 2007/02/02 09:00 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。