平和と公正の選択を求めるネットワーク(「へいこうせん」)

 改憲と増税No!の世論をつくり、「選挙に行こう」と呼びかけるための情報発信をします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングにご協力ください!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 FC2ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたは、生活が根底からくつがえる憲法大改造を認めますか 


へいこうせん賛同者の毛利正道さんからの投稿です。


■あなたは、生活が根底からくつがえる憲法大改造を認めますか

 慎重審議を求める国民多数の意思に逆らって、改憲手続法が強行採決されました。自民党総裁としての任期中に改憲を実現するとの安倍首相の「決意表明」によれば、早ければ3年後の参院選の頃に、遅くても今から5年後に憲法改正の是非を問う国民投票が行われることになります。しかも、その改憲手続法たるや、財界挙げてのCMや反対の声を禁圧しねじ曲げる多くの仕組みによって、ごく僅かな国民の支持しかなくても改憲を可能にするというとんでもない代物なのです。
 内外数億人に上る戦争犠牲者の血と涙から創られ、60年間にわたり直接の戦争がなかった日本を築いてきた日本国憲法を、そんなに簡単に変えてしまって良いのか。取り返しがつかないことのないよう、国民みんなでしっかり考えていきたいものです。これまでに、内閣の中心を占める「戦前派」と自民党が出している憲法改造案が、国民投票で成立してしまうと一体どんな世の中になるのか、見てみましょう。

憲法が改造された後の姿

1. イラク戦争のような間違ったアメリカの戦争にドンパチ武力で参戦し、イラクのイギリス軍のように軽く150人を超える日本軍が戦死することになるでしょう。

2. 国内では、軍事費がグーンと増え、その分、暮らしや教育にまわす予算を削られ、それでも足りずに大増税が待ちかまえます。日本は、今でも世界第4・5位の高い軍事費をつかっていますが、それでも不戦憲法の下で、周囲の、例えば6カ国協議参加国平均と比べるとまだまだ低いのです。それが、米中韓ロ4カ国の国内総生産に占める軍事費の平均値3.8%になるだけで、今4.8兆円の軍事費が18.2兆円にも跳ね上がります。現在25兆円の暮らし・教育予算が、大きく削られること必至で
す。今でも弱肉強食格差貧困社会なのに、こうなってはとても生きていけません。

3.入隊すると実際に戦場に送られるとなると、軍隊への入隊を志願する青年が簡単には集まらないと思いますか。ところが、アメリカでは、派遣社員などのワーキング・プアが給料と資格を求めて志願していますし、それでも足りないとなると、高校から軍隊に届けられる名簿で、貧しい家庭の子どもにすさまじいリクルートがなされるのです。

4.「戦前派」が作った改憲案では、天皇を元首にするだけでなく、首相が国家非常事態緊急措置権を持ち、靖国神社を国有化できるようにもなります。「わが国古来の美風としての家族の価値」の尊重の名で、女性・子どもに人権がなかった戦前の再現が狙われます。さらに、社会保障をして欲しければ国民がその費用を負担しなさいという「社会的費用負担責務」をわざわざ設けるというのです。「高負担・低福祉」を憲法で認めるのです。何につけても、「国民の責務」が強調されます。こ
んな戦前のような社会に戻りたいですか。生活実感を伴う憲法運動を展開しましょう

 このように、憲法が変えられるということは、そこで生活する全日本国民の暮らしが大きく変えられ、戦争を好み、ほとんどの国民が不自由と貧困であった戦前の日本に戻されようとすることなのです。9条も大切ですが、日本国憲法全部が大切なのです。そのような日本にしないために、生活実感を伴う「憲法を守り生かす運動」を展開しましょう。

講演レジメ
http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/mourimasamiti070607.pdf

スポンサーサイト


ランキングにご協力ください!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 FC2ブログランキング

[ 2007/06/07 22:57 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。